Search募集情報を探す

[3月26日説明会開催] 過疎地の小さな漁協から、食卓の制覇を目指します。

和歌山県日高川町

全国的に類を見ない切り口で、「日高川ブランド」の全国デビュー。
『ニッポン広しと言えど、こんな河川無いですよね』ってなれば。。。
アナタにしかできない何かがある(はず)!
まずは、お電話を!                    

 

◆ 【CM】 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

3月26日 東京で説明会を開催します。

【日時】 3月26日(日)16:30~18:30
【場所】 NPOふるさと回帰支援センター
    (東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館8階)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

2級河川 日高川の野望

みなさんの食卓での様子を思い描いて下さい。
「今日の夕食は魚よ~。」と食卓に出されるものは、決まって“海の幸”ですよね。その海の幸を数%でも“川の幸”に取って代わることが食卓制覇への第一歩です。

 

日高川の様子


<現状と課題>

・綺麗な河川「日高川」は流れているが、釣り客、キャンプ等の観光客は減るいっぽう。
・数種の特産物は開発済みで、ご好評を得ていて、お土産物店やホテルへの納入は伸びているが、知名度が伸び悩んでいる。

 

<やりがい>

・特産品関連
原材料から加工まで一箇所でまかなえる体制が完成しています。言い換えれば、養殖のプロと加工の匠の集団に、残るは「売るチカラ」が加われば1プロジェクトチームです。

・観光関連
川の資源や恩恵をネタにお客が来れば、地域も賑わいます。PRあるのみ。

・その他
どんどん提案して、流れているだけの河川を、変わったカタチで前向きに転がしてみよう。アナタのフットワークと新しいアイデアで勝負して下さい。新たな販売手法の発掘、展開など、自由度満載。

 

<経験・スキル・知識・人物像>

スキル:活かせるモノから
知識 :Eコマースの知識や関心。
人物像:まずは、コミュニケーションからです。人と話すことが好きな方。
経験 :誰でも最初はビギナーです。枠や概念にとらわれない活動が出来る方。

生アユ

 

<ねらい>

学生時代に習った河川以外って知らないですよね。
「河川のPR」って聞かないですよね。
“川”をネタに“地域おこし”って、有りそうで無いのかも。。。

となれば、
全国的に類を見ない切り口で、「日高川ブランド」の全国デビュー。
『ニッポン広しと言えど、こんな河川無いですよね』ってなれば。。。
アナタにしかできない何かがある(はず)!

 

まずは、お電話を!
日高川町企画政策課 地域おこし協力隊募集担当
TEL 0738-22-2041

  

~~~ 日高川町役場より ~~~

日高川は、日本一長い2級河川です。 この河川名に由来したのが『日高川町』です。 日高川のネームバリュー向上こそが、町名のブランド化を促進させ、他への波及することを願って、とにかく「川の産物」を皮切りに世間に周知する事が最重要と考え、アナタの協力を必要としています。

とりあえずは、 日高川町へお越しいただき、アナタ目線で日高川を面接して下さい。
(旅費、宿泊費等は負担します。申し込み後に、要件等の確認を行います。)

日高川町は、移住推進市町村として、定住施策も充実しています。
詳しくはこちら

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

  

関連リンク

応募用紙

▷募集要項

 

関連リンク

日高川漁業協同組合

日高川町観光協会

日高川町役場

 

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    1)日高川ならではの素材を活かした商品開発に向けた調査・企画・支援活動
    2)特産品の販路拡大、流通拡大等にかかる支援活動
    3)地域資源を活かした観光振興に関する活動
    4)地域おこし協力隊が自ら提案する活動で町長が認める活動
  • 募集対象
    (1)年齢20歳以上概ね40歳まで
    (2)生活の拠点として次に掲げる都市地域に住民票があり、隊員決定後、生活拠点と住民票を日高川町内に移すことができる方。
    ①3大都市圏
    ②3大都市圏以外の政令指定都市のうち、法指定地域以外の都市地域
    (3)地域おこし活動や内水面漁業、日高川町での定住に意欲があり、地域住民、関係団体とともに積極的に活動できる方
    (4)普通自動車免許取得者又は取得見込者
    (5)基礎的なパソコンの操作(文章作成(ワード等)、表計算(エクセル等)、インターネット、Eメール)ができる方。
    (6)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方
  • 募集人数
    1名
  • 勤務地
    和歌山県日高川町
    ※日高川漁業協同組合「お魚工房 日高川」(和歌山県日高郡日高川町松瀬310番地)を拠点に活動して頂きます。
  • 勤務時間
    勤務日数:週5日
    勤務時間:8時30分~17時00分
    ※活動内容によっては時間外、土日祝日の活動も含まれます。
    ※土日祝日に出勤した場合は、原則代休とします。
  • 雇用形態・期間
    (1)隊員の身分は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条に規定による非常勤の特別職とし、日高川町地域おこし協力隊員として日高川町長が委嘱する。
    (2)隊員の任期は雇用の日より1年とし、最長3年まで延長することができるものとする。
  • 給与・賃金等
    170,000円
  • 待遇・福利厚生
    (1)通勤手当は、日高川町職員の旅費に関する条例(平成17年5月1日条例第39号)により支給します。
    (2)健康保険・厚生年金保険・雇用保険・非常勤職員等公務災害補償保険に加入します。
    (3)月額報酬に加え地域おこし活動に要する経費に対し、町から予算の範囲内で支援します。
    (4)活動期間中の災害補償等については、和歌山県市町村総合事務組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例(平成22年2月26日条例第1号)により補償します。
    (5)住居については、町が住居を用意します。住居にかかる家賃は、日高川町職員の給与に関する条例(平成17年5月1日条例第37号)により町が負担(上限27,000円)します。(光熱水費等生活に必要な費用は隊員負担となります。)
    (6)活動に使用するパソコン等は貸与します。
    (7)日高川町に赴任する際の赴任費用は自己負担となります。
    (8)総務省等が実施する地域おこし協力隊員を対象とした研修等に参加することができます。その費用は町が負担します。
  • 申込受付期間
    2017年01月01日~2017年03月31日
  • 審査方法
    【受付期間】
    H28年度は 平成29年3月31日まで 随時募集中

    【応募方法】
    ○次の書類を申し込み先まで送付してください。
      1)「日高川町地域おこし協力隊応募用紙」(別紙様式)
      2)住民票抄本(発行後1ヶ月以内のもの)
    ○お申し込み先
      〒649-1324
      和歌山県日高郡日高川町土生160番地
      日高川町役場企画政策課 宛

    【選考方法】
    ○第1次審査<書類審査>
    「日高川町地域おこし協力隊応募用紙」による書類選考
    結果通知:受付から2週間以内

    ○第2次審査<面接審査>
    第1次審査合格者を対象に1泊2日の現地研修及び面接試験
    第2次審査の日時・場所は、第1次審査の結果通知時にお知らせします。
    日時:第1次審査合格者と日程調整させていただきます。
    その他:第2次審査に要する交通費、宿泊費は、日高川町職員の旅費に関する条例により支給します。

    ○採用結果通知 第2次審査後2週間以内

    【採用日】
    採用結果通知後における隊員の各種手続きが完了後(概ね2ヶ月程度)です。
    ※採用結果通知後に改めて調整させて頂きます。
    ※応募用紙及びその他書類は返却いたしません。
  • 参考URL

お問い合わせ先

柏木、寺本
〒649-1324 和歌山県日高郡日高川町土生160番地
TEL:0738-22-2041 FAX:0738-22-1767
URL:http://www.town.hidakagawa.lg.jp/town/sec_kikaku/bosyu_kyouryokutai.html