Search募集情報を探す

【北海道厚岸(あっけし)町】桜でまちを盛り上げる地域おこし協力隊員を募集!【6/29〆】

北海道厚岸町

【厚岸町〈あっけしちょう〉はこんな場所!】 

 厚岸町は、北海道の南東部に位置し、太平洋に面した海岸線がきれいなまちです。

 夏は30℃を超えることはめったになく、平均して冷涼で、霧の発生が多く幻想的な光景を目の当たりにできます。秋から冬にかけては晴れの日が多いため、頭上には満天の星空が広がり、積雪は北海道の中では比較的少ないほうです。

 厚岸道立自然公園とラムサール条約登録湿地に指定されている別寒辺牛〈べかんべうし〉湿原と厚岸湖があり、湿原をゆっくりと流れる別寒辺牛川が上流域周辺の森林からもたらされる豊かな栄養分を厚岸湖に注ぎます。厚岸湖は太平洋に面している厚岸湾とも繋がっている汽水湖であり、その豊かな自然環境に支えられ、カキ、アサリ、北海シマエビ、白魚、毛ガニ、ウニ、ツブ、コンブ、サンマ、サケ(イクラ)など、47種にも及ぶ魚介類が一年を通して水揚されます。

 その中でも、明治初期からの厚岸湖の天然カキ礁でのカキ採取を起源とする地ガキから種ガキを生産し育てた厚岸ブランドカキ「カキえもん」に代表されるカキ養殖が盛んで、汽水湖である厚岸湖と厚岸湾の水温差を巧みに利用し、日本で唯一カキを一年中出荷しています。新たなブランド「弁天かき」も誕生して2年目を迎え、これら二大ブランドカキはファン垂涎の的となっています。

 さらに、北海道で80年ぶりとなるウイスキー蒸留所「厚岸蒸溜所」が平成28年11月から蒸溜を開始し、国内外から注目を集めています。平成30年2月には短期熟成の「厚岸ニューボーン」を初出荷し、販売初日にほぼ完売するほど人気を博しています 

【桜で地域おこし!】

 厚岸町は桜のまちとしても知られ、子野日〈ねのひ〉公園には、町の木であるエゾヤマザクラをはじめ各種の八重桜や日本の北限の「普賢象〈ふげんぞう〉」など27種類、約1,200本の桜があります。今年で69回目となる5月の「桜・牡蠣まつり」では、桜の下でカキを炭火で焼いて食べるという厚岸ならではの食体験を求めて道内外から約3万人の観光客が訪れています。

 厚岸町の桜は子野日公園だけではありません。江戸幕府が1804年に建立した「国泰寺〈こくたいじ〉」境内に鎮座する桜の名木「老桜樹〈ろうおうじゅ〉」や、江戸時代の1799年に北方探検家の最上徳内〈もがみとくない〉が建立した「神明宮〈しんめいぐう〉」を前身とする厚岸神社境内の桜も見事です。

 また、自宅の庭で桜を育てる人が多く、まちを歩けば桜がいたるところにあります。専門家によれば、道内の桜の名所として「西の松前、東の厚岸」と言われ、厚岸町ほど民家の庭に桜があるまちはないそうです。しかし、近年は民家の庭の桜が老木となり、桜でいっぱいの町並みは姿を変えつつあります。そこで、厚岸町のかつての桜の町並みを取り戻すため、その道筋を示すプランを策定し、実現に向けて町全体で取り組む予定としています。

 桜のほかにも、町の花であるヒオウギアヤメが見事で、厚岸道立自然公園内の海岸の断崖上にある「原生花園あやめヶ原」は、国内最大の群生地で約30万株のヒオウギアヤメをはじめ100種類以上の植物が鑑賞でき、春から秋にかけて多くの観光客が訪れます。

 このような厚岸町を、花のまちとしてより多くの観光客に訪れてもらうには、花の保護・育成やその環境の整備が必要となります。そこで、その活動を担い、厚岸町を花で盛り上げていく「厚岸町地域おこし協力隊員」を募集します。

↓厚岸町の桜の詳細についてはこちらをご覧ください。

次代へつなぐ桜物語

↓応募用紙はこちらからダウンロードしてください!

厚岸町地域おこし協力隊員応募用紙 

↓厚岸町地域おこし協力隊設置規則はこちらからダウンロードしてください!

厚岸町地域おこし協力隊設置規則

↓厚岸町の観光情報はこちらをご覧ください!

厚岸町観光パンフレット「なまら厚岸」

 厚岸町では、現在6名の地域おこし協力隊員が活動中です!

協力隊員の活動状況はこちらからご覧ください!

厚岸町地域おこし協力隊フェイスブック  

         

         ○子野日公園(桜・牡蠣まつり風景)

   

           ○あやめヶ原と大黒島、小島

            ○別寒辺牛湿原でのカヌーツーリング風景

             ○厚岸自慢の海産物の炭火焼き(カキ、ホタテ、ホッキ貝)     

    

          ○子野日公園(牡蠣まつり会場風景)

          (厚岸の目玉イベントの一つ!厚岸名産のカキを思う存分食べられる!)

 

             ○厚岸夏まつり(獅子舞と山車の競演)

 

         ○国泰寺(江戸時代後期1804年(文化元年)に幕府が建立した蝦夷三官寺の一つで、国の史跡として指定されている。)

募集要項

  • 雇用関係の有無
    あり
  • 業務概要
    ○「子野日公園」の桜の育成管理など
     ・道内桜の名所である「西の松前」に並び称される「東の厚岸」にふさわしい園内の桜の育
     成管理及び園地全般の管理 
    ○桜と「ヒオウギアヤメ」の保護育成
     ・町の木である「エゾヤマザクラ」など町内の桜の保護、育成により桜のある町並みの魅力
     を高める活動
     ・町の花である「ヒオウギアヤメ」の群生地(原生花園あやめヶ原)での植生調査や病害虫
     の対策等による保護、育成
    ○「厚岸町桜の町並み再生プラン」の策定とその活動
    ○SNS等を活用した町の魅力や協力隊活動の情報発信
    ○定期的な活動報告
  • 募集対象
    (1)概ね30歳以上55歳以下の方
    (2)3大都市圏、地方都市(条件不利地域を除く)に住んでおり、隊員として委嘱後、厚岸
      町に住民票を異動させることができる方
      (※条件不利地域については、総務省のホームページをご覧いただくか、問い合わせ先ま
       でお問い合わせください。)
    (3)(一財)日本緑化センターの「樹木医」の資格を有する者または「樹木医補」の資格を
      有し、樹木医の資格取得意欲のある者で、造園業などでの業務経験が1年以上ある者。 
    (4)普通自動車免許(※AT限定不可)を保有している方
       (委嘱日(9月以降予定)までに免許取得見込みの方も含みます。)
    (5)一般的なパソコン操作(ワード、エクセル、SNS等)が可能で、インターネットを通
      じて、情報発信を行える方
    (6)心身ともに健康で、誠実に活動ができる方
    (7)地域に溶け込む意思があり、地域の活性化に熱意を有し、積極的に活動できる方
    (8)活動終了後に厚岸町で就業して定住する意欲のある方
    (※活動終了後、現在、77歳の厚岸町の桜守〈さくらもり〉の後継者となり、桜の保護育成を
      担う「桜守」(厚岸町職員)として採用されることを想定しています。)
     ※体力があり、自然が大好きで根気よく情熱を持って桜守を務められる人が望ましい。
      (芝刈りや樹木の剪定・移植などの現場作業がある)
  • 募集人数
    1名
  • 勤務地
    厚岸町まちづくり推進課(子野日公園)
  • 勤務時間
    ①活動日数:月16日
    ②活動時間:7時間/日
    ■活動日以外の日は休日としますが、それ以外に有給休暇、特別休暇があります。
  • 雇用形態・期間
    (1)非常勤の特別職として、町長が委嘱します。
    (2)委嘱期間は、委嘱の日(平成30年9月以降予定)から平成31年3月31日までです。
    ※委嘱日については、採用者の都合を考慮し、相談の上決定します。
    ※委嘱期間は、1年度ごとに更新を行い、最長で委嘱日から3年間です。
    なお、更新については、隊員と協議し、活動内容を踏まえ判断します。
  • 給与・賃金等
    報酬は、月額250,000円です。(社会保険料本人負担分が報酬から差し引かれます。)
  • 待遇・福利厚生
    (1)社会保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。
    (2)活動中の災害については、公務災害として補償します。
    (3)活動に関連して出張する場合は、旅費を支給します。
    (4)活動中の住居や基本的な家電製品(冷蔵庫、洗濯機、テレビなど)及び活動に使用する
       パソコンについては、町で用意します。
    (5)活動で使用する車両については、自家用車を持ち込んでいただくことも可能ですが、
       車両を所有しておらず、リース等で車両を確保する場合は、その費用を予算の範囲内で
       補助します。
       また、どちらの場合についても、活動用車両の燃料費を補助します。
       ※自家用車を活動用車両として使用する場合は、1月当たり25,000円を補助金として交
       付します。
    (6)作業着等の被服代、消耗品にかかる経費など活動に必要な経費に対して、補助します。
    (7)事前に町へ届出をすることで、活動に支障がない範囲で副業ができます。
  • 申込受付期間
    2018年03月30日~2018年06月29日
  • 審査方法
    (1)書類審査
    下記の書類を厚岸町役場まちづくり推進課に郵送又はご持参ください。
    ①厚岸町地域おこし協力隊員応募用紙(本ホームページ上部からダウンロードしてください。)
    ②住民票抄本 1部
    ③運転免許証の写し(裏・表コピー) 1部
    ※提出いただいた書類については、返却いたしませんのでご了承ください。
    書類審査の結果は、応募者全員に文書で通知します。

    ○応募受付期間
    平成30年3月30日(金)~6月29日(金)(締切日:6月29日(金)必着)

    ■応募書類提出先・問い合わせ先
    〒088-1192
    北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1番地
    厚岸町役場まちづくり推進課 企画調整係
    TEL:0153-52-3131 FAX:0153-52-3138
    E-MAIL:machizukuri@akkeshi-town.jp

    (2)面接選考
    書類審査通過者を対象に、対象者の近隣都市地域で面接を行います。
    (対象者が離れている場合は、その中間の都市地域で面接を行います。)
    合否の結果は、概ね1週間以内に全員に文書で通知します。
    (※面接会場で健康診断書(過去3ヶ月以内のもの)を提出ください。)
    ※面接会場までの旅費については、応募者の負担となります。
  • 参考URL
    https://www.akkeshi-town.jp/oshirase/1317/(厚岸町地域おこし協力隊募集ページ)
  • 備考
    募集内容に少しでも興味がありましたら、お気軽に下記に問い合わせください!
    また、応募用紙がダウンロードできない環境にあるなどのご相談についてもお気軽にどうぞ。

お問い合わせ先

鈴木 康平
〒088-1192 北海道厚岸郡厚岸町真栄3丁目1番地
TEL:0153-52-3131 FAX:0153-52-3138
URL:https://www.akkeshi-town.jp