JOIN ニッポン移住・交流ナビ

田舎暮らし特集

「半農半X」という生き方~田舎暮らし2.0時代とは?~

  • 「半農半X」とは?
  • 「半農半X」提唱者・塩見さんにインタビュー&田舎暮らし2.0な人の特徴

半農半X提唱者とは何か?

自分たちが食べる分だけの「小さな農」を行いながら、好きなこと、天賦の才を活かした仕事をして社会に貢献し、一定の生活費を得るという新しいライフスタイルのこと。

この「半農半X」というスローライフのコンセプトは、半農半X研究所 代表の塩見直紀さんによって提唱されました。

塩見直紀 1965年、京都府生まれ、京都府綾部市在住。
1995年、作家・星川淳氏の生き方である「半農半著」という言葉に触発され「半農半X」というコンセプトを生み出す。この「X」とは、人が本来必ず持っている天賦の才能を指す。持続可能な、農ある小さな暮らしをベースに、自分にとっての可能性「X」を模索する新たなライフスタイルを提唱しており、多数の著書を出版している。

ページトップへ