JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

宮城県

宮城の魅力

 宮城県は東北地方の南東部に位置し、東京から宮城県の中心地までの距離は約350km。  東は太平洋に面し、西は秋田・山形の両県、南は福島、北は岩手県にそれぞれ隣接しています。冬も温暖で、東北地方の中では積雪量もきわめて少ない地域と言えるでしょう。  日本三景のひとつに数えられる松島を始め、杜の都・仙台のけやき並木や青葉城など、県内には見どころがたくさんあります。  また近年では、美しいリアス式海岸が特徴的な三陸海岸エリア「みやぎ三陸黄金街道」が人気を集めています。  南三陸金華山国定公園、陸中海岸国立公園に指定されるその豊かな自然の景観と、牡蠣やフカヒレ、ホヤ、銀ザケに代表される海の幸は、多くの観光客を魅了しているのです。

観光

日本三景・松島は、「松島や ああ松島や 松島や」と松尾芭蕉を感嘆させたほどの絶景が魅力。

東北三大まつりのひとつ「仙台七夕まつり」は、藩祖伊達政宗公の時代から続く日本一の七夕。毎年200万人以上の方々が訪れる。

名産品

仙台の代表的な味の一つ、牛タン。 炭火で焼いた牛タン焼きは絶品。

宮城が発祥の笹かまぼこは、太平洋でとれる吉次など白身魚を使い 肉厚でぷりぷりの食べごたえが自慢。

市区町村一覧

お知らせ

田舎暮らしからレジャーまで充実のメニュー
日本棚田百選にも選ばれた丸森町・沢尻棚田(仙南地域)
日本棚田百選にも選ばれた丸森町・沢尻棚田(仙南地域)
豊かな漁場が育んだ、たくさんの海の幸が水揚げされる気仙沼市魚市場(気仙沼・本吉地域)
豊かな漁場が育んだ、たくさんの海の幸が水揚げされる気仙沼市魚市場(気仙沼・本吉地域)
地域図
地域図

 宮城県は、東は太平洋に面し、豊かな漁場と日本三景の一つ松島をはじめとする風光明媚な観光地などに恵まれ、西には蔵王・船形・栗駒などの山々が連なり四季折々の姿を見せ、中央部には有数の穀倉地、仙台平野が広がっています。
 その変化に富んだ豊かな自然環境は多彩で豊富な食材を育み、「食材王国みやぎ」が誇る美味しい食べ物をたくさん味わえます。
 さらに本県は、都会と田舎がとてもよく調和しており、地域ごとのさまざまな特色が魅力でもあります。

仙南地域
 仙南地域は,雄大な蔵王連峰を望む「みやぎ蔵王三十六景」と泉質豊富な温泉,スキー場などの観光資源に富み,春には白石川堤防沿いに咲く「一目千本桜」が満開となり,多くの観光客が訪れます。比較的温暖な気候で,地形を活かした水稲や野菜,果樹,畜産など多彩な農業が展開されており,大自然の恵みが味わえます。

仙台地域
 杜の都・仙台や日本三景の一つである松島があるこの地域は,東北の商工業・流通の拠点となる都市圏である一方で,都市近郊型の農林水産業が営まれ,食べ物のおいしい地域でもあります。
 近年では,東北楽天ゴールデンイーグルスなどプロスポーツチームや仙台フィルハーモニー管弦楽団が活躍するなど,文化的にも魅力満載の地域です。

大崎地域
 県北西部に位置し,奥羽山脈が連なる西部の山間地帯から丘陵地帯,田園地帯を形成する大崎地域は,ラムサール条約湿地の蕪栗沼などがあり,たくさんの渡り鳥が越冬します。また,鳴子温泉郷をはじめとした温泉施設が豊富にあり,自然の恵みを存分にご堪能いただけます。
 県を代表する米や餅,近年では豚肉や牛肉などの食のブランドも生み出される一方で,「えごまたまごかけご飯」など新メニューも続々登場しています。
 また,多くの蔵元が集まり,地酒のほか地ビール,発泡酒,どぶろくなどがある“酒の國”でもあります。

栗原地域
 栗原市は県内陸北部に位置し,面積の8割近くが森林や原野,田畑で占められた自然豊かな田園都市です。
 ラムサール条約登録湿地で登米市とまたがる伊豆沼・内沼には,ハスの花が夏には鮮やかな桃色に彩り,秀峰栗駒山や花山湖周辺では見事な紅葉が見られるなど,栗原の魅力は自然の中で育まれる四季折々の景色です。

登米地域
 登米市は,県の北東部に位置し,広大で平坦肥沃な登米耕土は県内有数の穀倉地帯となっており,宮城米「ササニシキ・ひとめぼれ」の主産地として有名です。
 また,北上川西側の城下町,旧登米(とよま)町には,明治時代に建造された小学校,県庁,警察署などのハイカラな洋風建築物が残り,当時の面影を今に伝える町並みから「みやぎの明治村」と呼ばれ親しまれています。

石巻地域
 太平洋の大海原に面し,三陸地域と日本三景・松島に隣接するこの地域は,奈良時代からその名が知られる金華山や,独自の文化・風習が残る網地島・田代島などの離島を抱き,風光明媚で変化に富んだ自然を満喫できます。
 また,悠久の大河・北上川の河口に広がるヨシ原は日本の音風景100選にも指定され,幻の野蒜築港跡や石巻市湊地区に残る南北朝時代の南朝側遺跡など,歴史ロマンに夢を馳せる隠れたスポットになっています。

気仙沼・本吉地域
 気仙沼・本吉地域は宮城県の最北沿岸部,三陸海岸の中ほどに位置しています。黒潮と親潮に育まれた海産物や,三陸海岸独特の気候によって育まれた農産物など,「海」と「陸」それぞれの恵みは土地の豊かさを実感させてくれます。
 
みどころ①~日本有数の漁港と魚市場
 日本一の水揚げを誇るサメ(フカヒレ),カツオをはじめとしてサンマ,ウニなど多くの海の幸が水揚げされます。気仙沼市魚市場は一見の価値あり(市場2階から見学可)!
みどころ②~農業・漁業・くらし体験
 漁業体験や農業体験など様々な体験学習を企画しており,その体験メニューの多さが人気です。気仙沼・本吉地域を知るには体験してみるのが一番です。

 県内各市町村も移住・交流に関する多彩なメニューを取り揃えており、ちょこっと田舎暮らしからどっぷり田舎暮らしまでを体験することができますし、レジャー等のバリエーションも充実しています。
 東京から新幹線で2時間圏内、仙台空港には全国主要空港に航空便が就航していますので、気軽にすっぴんの宮城を体感してみませんか?

 宮城県内の各市町村、県及び関係機関の移住・交流に関する取り組みや相談窓口については、移住・交流情報サイト「来てみらin(いん)宮城」でご覧いただけます。

法人会員・JOIN事務局発信

ページトップへ