JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

玉村町

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

玉村町は、関東平野内の群馬県南部に位置しています。
周囲の景観は、群馬県を代表する上毛三山である赤城山、榛名山、妙義山を一望でき、北は坂東太郎の異名を持つ利根川、南は烏川に囲まれています。
地勢は、北西から南東にかけなだらかに傾斜した平坦地です。主要幹線道路沿いに市街地や集落が形成され、周辺は優良な田園地帯や河川緑地が広がる自然豊かな地域です。
玉村町では、同じ耕地で米と麦といった異なる作物を栽培する二毛作が盛んです。例年5月~6月頃初夏の時期は麦秋といって麦の穂が風にそよいで黄金色に輝く景色を見ることができます。
近隣自治体は、前橋市、高崎市、伊勢崎市、藤岡市といった都市地域に囲まれています。首都圏から100キロメートル圏内にあり東京都内と繋がる高速自動車道として関越自動車道が接続しています。平成26年には、高崎玉村スマートICも開通し都心へのアクセスがより身近になりました。
平成27年、道の駅「玉村宿」がオープンしました。直売所では、地元で採れた新鮮野菜を購入できます。肉の駅では、上州牛や上州麦豚を使ったメンチカツなど揚げたての惣菜をその場で食べることもできます。
◇たまたん
玉村町のマスコットキャラクターです。玉村町の町の花「バラ」の妖精でまんまるお目めとピンクのほっぺ、風が吹かなくてもなびく緑のスカーフがチャームポイントです。お散歩大好き「たまたん」を見かけたら仲良く遊んでください。
◇歴史
江戸時代の脇街道の一つで玉村町を東西に抜ける日光例幣使道があります。日光東照宮に幣帛(金幣)を奉納するため派遣される勅使が通る道として整備されました。
◇文化財
町屋づくりや農家づくりなど多くの歴史的景観を見ることができます。
玉村八幡宮本殿が国指定重要文化財に登録され、小泉地区の重田家住宅(非公開)、上新田地区の井田家住宅(現存する玉村町最古の民家建築)、玉村八幡宮末社の国塊神社社殿が歴史的建築物としての価値が認められ、国の登録有形文化財に登録されました。
◇行事
7月には、たまむら花火大会が実施されます。群馬県内でも早い時期に開催され、田園地帯で打ち上げるため迫力ある花火を楽しむことができます。
のどかな田園風景が広がる玉村町で地域の人々の温かさに触れてみませんか。ぜひみなさん「たまたん」に会いに来てください。

DATA

  • 所在地:群馬県佐波郡玉村町大字下新田201番地
  • 面積:25.78km²
  • 人口:36,853人
  • 人口密度:1,429人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

玉村町からのお知らせ

自治体発信! 仕事・空き家・イベント情報

ページトップへ