JOIN ニッポン移住・交流ナビ

空き家情報 詳細

赤穂に住もうよ!新婚世帯家賃助成4月1日から始めます!

記事掲載日: 2013年03月21日

赤穂に住もうよ!新婚世帯家賃助成事業を始めます(平成25年4月~受付開始)

赤穂市では、若者世代の市外流出に歯止めをかけるとともに、市内外の新婚世帯の定住を促進するため、新婚世帯に対し賃貸住宅の家賃の一部を赤穂商工会議所が発行する商品券でもって助成する「新婚世帯家賃助成事業」を実施します。

【助成の内容】
助成金は赤穂商工会議所が発行する商品券で、市内の加盟事業所で使用できます。)

基本月額1万円、さらに夫婦のいずれかが市外からの転入者の場合月額3,000円夫婦共に市外からの転入者の場合月額6,000円を加算します。
※毎年度3月分までを年1回一括で助成します。毎年度3月31日時点で資格要件を満たすことが支給の条件となります。

最大36か月助成します。

3年間助成を受けると・・・
夫婦が共に赤穂市民の場合・・・・・・最大36万円
赤穂市民と転入者の夫婦の場合・・最大46万8千円
夫婦が共に転入者の場合・・・・・・・・・最大57万6千円

【助成対象の主な要件】
①婚姻:平成25年4月1日以後に婚姻した夫婦で、婚姻の届出の日から1年以内の新婚世帯

②年齢:初年度の申請日現在、夫婦のいずれかの年齢が満40歳未満であること

③住民登録:夫婦として市内に居住していること(住民登録で確認)

④住宅:(1)市内の住宅を賃貸借契約し、入居していること
     (2)実質家賃負担額【注】が3万円を超えていること
     (3)夫婦のいずれかが借主(契約者であること)

⑤市税等の納税:市税及び賃貸住宅家賃の滞納がないこと

⑥その他:(1)他の公的制度による家賃助成を受けていないこと
       (2)過去にこの要綱に基づく助成を受けたことがない世帯   であること
                                            など

【注】実質家賃負担額とは、家賃(共益費及び管理費は含み、駐車場使用料は除く)から住宅手当を除いた額です。

助成要件、申請に必要な書類等の詳細については、赤穂市役所市民部市民対話課のホームページをご覧ください。
       cop.jpg
名称 定住へのお誘い
参考URL http://www.city.ako.lg.jp/machi/teju/index.html
お問合わせ先
赤穂市役所市民部市民対話課定住推進担当係
電話
0791-43-6812
FAX
0791-43-6810
参考URL
http://www.city.ako.lg.jp/machi/teju/index.html

※この情報は登録元の自治体・企業により管理されております。
記事番号: 0000008103

他の地域の
空き家もCHECK!

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄

ページトップへ