JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

津幡町

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

津幡町は石川県のほぼ中央に位置し、古来より加賀・能登・越中三国の分岐点として重要な位置にあり、交通や文化交流の重要な役割を担ってきました。
町には貴重な史跡や文化財が数多く残っています。なかでも、倶利伽羅峠は「火牛の計」で名高い源平古戦場で、木曽義仲ゆかりの地として、義仲と巴御前を題材としたNHK大河ドラマ誘致を目指しています。大河ドラマの誘致推進は、平成26年度中の北陸新幹線金沢開業を見据えた総合的な観光交流とともに、町のみならず石川県全体の交流人口拡大や活性化に直結し、大きな経済波及効果をもたらすものと期待しています。
また、米づくりが盛んな当町では米の生産調整政策をきっかけに水田機能を維持したままで栽培できる「マコモタケ」の栽培がはじまり、今では町の特産品として出荷されています。安心・安全、地産地食をモットーに、「マコモタケ」や「倶利迦羅そば」など、季節ごとに町内で採れた食材をふんだんに使った「つばた弁当」も好評です。
今後もNHK大河ドラマ誘致推進をはじめ、町民の皆様の要望が多い温水プールの設置や森林公園を核とした「レクリエーションの町」の発信、「科学の町」構想の実現など、町民の皆様に「住んでよかったと実感していただける町」を目指したまちづくりを一つ一つ丁寧に実現してまいります。

DATA

  • 所在地:石川県河北郡津幡町字加賀爪ニ3
  • 面積:110.44km²
  • 人口:36,940人
  • 人口密度:334人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

津幡町からのお知らせ
河北潟の風物詩 ひまわり村

石川県のほぼ中心に位置し、津幡町と金沢市、かほく市、内灘町にまたがる「河北潟干拓地ひまわり村」では、35万本のひまわりが見ごろを迎えます。
ひまわりで作られた迷路に挑戦してみませんか。

開花時期 7月下旬8月上旬
入園料  無料
休み   なし
駐車場  60台(無料)
お問合せ 河北潟干拓土地改良区
     石川県河北郡津幡町湖東395番地 
     TEL 076-288-4424

自治体発信! 仕事・空き家・イベント情報

ページトップへ