JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

滝沢市

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

 盛岡市の北西部に位置し、東西約14km、南北約20㎞、総面積182.32k㎡の市です。平成26年1月に人口日本一の村から住民自治日本一の市を目指し「滝沢市」となりました。市北西部には秀峰岩手山をいただき、雫石川、北上川が流れ、気候は内陸性気候です。岩手山麓部から平坦部にかけて酪農、稲、野菜等を主体とした都市近郊農業地帯で、昭和57年には豊かな村づくり全国表彰天皇杯(姥屋敷地区)を受賞しています。みちのくの初夏の風物詩チャグチャグ馬コの発祥地であり、馬返し登山口は岩手山の表玄関として知られています。近年は平坦部より民間宅地開発、事業所、大学の立地が進み、都市化が進行しています。特に東部地域は平成10年に岩手県立大学が開学し、大学、試験研究機関が集積し、岩手県における研究学園地域を形成しています。平成12年2月15日には人口5万人を達成し、人口日本一の村となりました。現在は約5万5千人を超えています。平成18年3月にはIGRいわて銀河鉄道巣子駅が開業し、周辺地域の都市環境整備等に取り組んでいます。平成14年には「幸せ地域社会」の実現を目指し、行政経営理念を制定しました。平成17年3月には住民の暮らしに着目すると共に、住民協働で第5次滝沢村総合計画を策定し、「人と人、人と地域、人と自然が共栄し、生き生きと幸せ輝く『たきざわ』」を10年後の将来像として、「地域は、地域のみんなでつくる」をスローガンに各種施策を展開しています。平成18年11月には自治体として初めて日本経営品質賞(自治体部門)を受賞しました。平成21年度には村制施行120周年を迎える共に、平成22年度を始期とする滝沢村総合計画後期基本計画を策定し、重点政策及び基本政策の実現に向けた更なる各種施策の推進及び展開しています。
 岩手県立大学に隣接する滝沢市IPUイノベーションセンターは滝沢市IPU第2イノベーションセンターを平成26年5月に開所し、更なる産学官の連携や研究に取り組みIT産業を集積しています。

DATA

  • 所在地:岩手県滝沢市中鵜飼55番地
  • 面積:182.32km²
  • 人口:55,063人
  • 人口密度:302人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

滝沢市からのお知らせ
「滝沢市IPUイノベーションフォーラムinTOKYO」開催のお知らせ
滝沢市では、毎年開催しております滝沢市IPUイノベーションフォーラムの「inTOKYO版」を開催いたします。
 
新たなビジネスの創出や人材育成を推進するため、産学官連携、企業間連携、異業種連携等の連携のきっかけを作るためのヒントと交流の場を作ることを目的に標記のフォーラムを開催します。

当日は、滝沢市長 柳村典秀 及び 滝沢市経済産業部企業振興課の木下課長から「産業振興~滝沢市の取り組み~」について説明させていただき、また、基調講演といたしまして、現在の若者全体を示す「さとり世代」を浸透させ、「マイルドヤンキー」が流行語大賞にノミネートされた、日本テレビZIP!金曜レギュラーのマーケティングアナリスト 原田曜平様をお迎えし「若者の動向」についてご講演をいただくこととなっております。

セミナー終了後には交流会を予定しております。

交流会は東北商店上野駅前店を貸切にして、気取らずゆっくりねまって皆様と語り合える場としたいと思っています。
(会費制4,000円となります。先着70様。交流会からの参加もOKです。)

ぜひ、ぜひ、ご参加をお願いいたします。


「滝沢市IPUイノベーションフォーラムinTOKYO」
日時 平成2818日(木)15:00~(受付14時30分~)
会場 TKP上野ビジネスセンター ホール2A
参加 無料(先着100名様)

※ご参加の報告につきましては別添チラシによりメール又はFAXにて報告をお願いいたします。


皆様の多数のご参加をお待ちしております。

※申込文書チラシ・申込書.pdfはこちらからダウンロード下さい!
チラシ・申込書.pdf

自治体発信! 仕事・空き家・イベント情報

ページトップへ