JOIN ニッポン移住・交流ナビ

イベント情報

通年の体験プログラム

宮城県栗原市 マガン観察(早朝の飛び立ち、夕方のねぐら入り)

宮城県 栗原市

開催日 開催場所 詳細情報
マガン観察
マガン観察
 ラムサール条約登録指定湿地の伊豆沼・内沼には、冬になるとたくさんの渡り鳥が越冬に訪れます。特にマガンは、日本で有数の越冬地になっています。
 早朝の飛び立ちは、数万羽のマガンが一斉に空を覆う圧巻の光景です。
 伊豆沼・内沼の自然環境と人の暮らしの結果として生み出される感動のシーンを観察するプログラムです。

・開催期間:2016年10月中旬~2017年1月下旬
・開催時間:時期によって異なりますので、受付時に御確認ください。
 (飛び立ち)集合:5:00~6:00、解散:7:00~8:30
 (ねぐら入り)集合:15:00~16:30、解散17:30~19:00
・集合場所:次のいずれかの場所に集合
 ①宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡敷味17-2)
  https://goo.gl/maps/bJMhTSaxWAn
 ②サンクチュアリセンターつきだて館(昆虫館)(〒987-2224 宮城県栗原市築館横須賀養田20-1)
  https://goo.gl/maps/HyEBgK14W4E2
・参加費:1,500円(傷害保険料を含む)
・持ち物:お持ちの方は双眼鏡やカメラ ※無くても観察できます
・服装:下記を参照し、防寒対策をお願いします。
・移動手段:集合場所から各自の自家用車で観察場所に移動
・内容:マガン等の飛び立ち観察、またはねぐら入り観察
・定員:各回6人(最小催行人員2人) ※ご相談ください
・申込期限:観察日の3日前の正午まで

参加の際は、しっかりと防寒対策をお願いします
・耳が隠れる帽子や耳当て
・マフラーやネックウォーマー
・インナーを重ね着して防寒着を着るかスキー、スノーボードウェアを着用
・厚手のタイツ等をインナーに履き厚手のパンツ
・厚手の手袋
・厚手の靴下を二重に履く
・防寒の靴や長靴
・レインウェア ※傘は使用不可
・懐炉(かいろ)
お問合わせ先
一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
電話
0228-24-8588
FAX
0228-24-8588
参考URL
http://ktnpr.com/program/2016/201610-11.html

※この情報は登録元の自治体・企業により管理されております。
記事番号: 0000016668

この自治体の他の地域のイベント

今月開催のイベント一覧

通年の体験プログラム

ページトップへ