JOIN ニッポン移住・交流ナビ

イベント情報

通年の体験プログラム

【宮城県栗原市】伊豆沼・内沼エコツアー「マガン観察」に参加しませんか?

宮城県 栗原市

開催日 開催場所 詳細情報
雁が鈎になり竿になって渡る風景は、かつては日本のどこでも見ることができた風景である。

 宮城県の伊豆沼・内沼は、マガンをはじめ、たくさんのガンが越冬する湖沼である。
この時の羽ばたき音や鳴き声をともなう光景は、まさに壮観、だれもが自然と生き物の素晴しさを感ぜずにはいられない時空がそこにある。
伊豆沼・内沼の自然環境と人の暮らしの結果として生み出される感動のシーンを観察するプログラムです。
ご興味のある方は、是非、参加してみませんか?

【募集内容】
・開催期間:2017年10月~12月下旬 ※期間中、随時開催
・申込締切:2017年12月22日(金)正午まで ※希望日の5日前まで
・観察場所:伊豆沼・内沼(宮城県栗原市)
・観察時間:約2時間
 ※集合時間の目安 ①5:00~6:00 ②15:30~17:30
・集合場所:宮城県伊豆沼・内沼サンクチュアリセンター(〒989-5504 宮城県栗原市若柳上畑岡敷味17-2)
・参加費:2,000円(傷害保険料を含む)
・移動手段:集合場所から各自の自家用車で移動
・内容:①マガンの飛び立ち ②ねぐら入り観察
・定員:各回6人(最小催行人員2人)
・服装、持ち物:早朝や夕方の伊豆沼・内沼は、かなり冷え込みます。風が強い日もあり、気温がマイナスになることがあります。しっかりと防寒対策をお願いします。
□耳が隠れる帽子や耳当て
□マフラーやネックウォーマー 
□インナーを重ね着して防寒着を着るかスキー、 スノーボードウェアを着用
□厚手のタイツ等をインナーに履き厚手のパンツ 
□厚手の手袋   
□厚手の靴下を二重に履く
□防寒の靴や長靴 □レインウェア □懐炉(かいろ)
・主催:一般社団法人くりはらツーリズムネットワーク
・後援:一般社団法人栗原市観光物産協会
詳しくはこちら→http://ktnpr.com/program/2017/201710-12.html

お問合わせ先
一般社団法人 くりはらツーリズムネットワーク
電話
0228-24-8588
FAX
0228-24-8588
参考URL
http://ktnpr.com/index.html

※この情報は登録元の自治体・企業により管理されております。
記事番号: 0000021878

この自治体の他の地域のイベント

今月開催のイベント一覧

通年の体験プログラム

ページトップへ