JOIN ニッポン移住・交流ナビ

お仕事情報 詳細

平成29年度4月採用 東御市地域おこし協力隊1名募集!【観光プロモーション】

記事掲載日: 2016年11月29日

長野県の東部に位置する東御市は人口30,000人ほどの小さな市です。

近年は、全国有数の日照時間の長さと降水量が極めて少ないといった気候風土、標高差1,500mにも及ぶ南面傾斜の扇状地が広がる独特の地形など、本市特有のテロワールが上質なワインを育むことから“ワインの新興産地”として全国から注目を集めています。

東京から車で1時間半、電車で2 時間の距離にあってアクセスが容易なことから、上信越高原国立公園にあっても恵まれた山岳高原エリアとして人気の高い「湯の丸高原」を中心に多くの観光客が訪れています。こうした“地域の強み”を活かしながら、個性豊かな“地域の食・物産”のブランド力、とりわけ新たな魅力である東御ワインを活かした効果的なプロモーションにより、東御ファンを増やし、何度も訪れたくなる地域づくりに取り組んでいます。

これら取組みを強力に推し進めるため、「食と観光」という新たな視点から“観光地域づくり”に意欲的に活動をしていただける方を募集します。


現在7名の協力隊が活動中!
詳しくは活動レポートをご覧ください。

協力隊の紹介 / 活動レポート / マンガで見る地域おこし協力隊の活動

また、東御市への移住に関しては東御市移住・定住ポータルサイト「とうみぐらし」をご覧ください。
移住体験談など、とうみぐらしがイメージできるコンテンツがもりだくさんです!

募集概要
仕事概要 観光誘客につなげる地域の魅力発掘と収集
・農商工業者や地域づくり組織、住民等と連携を図り、地域の食や物産、観光資源の掘り起こしと把握
・食と観光による新たなツーリズムの企画と実践
地域資源の魅力を発信するための事業
・地域産品の物販PRイベントの企画や参加を通じた観光プロモーション
・地域観光コンシュルジュとして地域資源情報の把握と魅力の発信
応募資格 ・現在、3大都市圏をはじめとする都市地域等に居住し、平成29年4月1日以降すみやかに東御市内に住民票を異動し、地域おこし協力隊員(以下「隊員」という。)の任期終了後も地区に定住する意思がある方で、かつ、過去に東御市内に住所を定めたことがない方
※地域要件については、総務省の「地域おこし協力隊」の関連ページで確認してください。
・地域の活性化に深い熱意を有し、誠実に業務を遂行できる方
・心身ともに健康で意欲的に活動ができる方
・普通自動車免許を取得している方
・パソコンの基本操作(ワード、エクセル、パワーポイントなど)及びインターネット、SNS等の知識を有し活用できる方
・土日及び祝日の勤務、行事参加や夜間の会議出席など、不規則な職務に対応できる方
勤務地 長野県東御市
雇用形態・期間 身分
地方公務員法(昭和25 年法律第261 号)第3条第3項第3号に定める非常勤特別職として、東御市長が委嘱します。

雇用期間
1年毎に委嘱し、最長3年が限度(平成32 年3月31 日まで)となります。
1年は、4月1日から翌年の3月31 日までの期間です。
なお、隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であってもその職を解くことがあります。
給与・賃金等 月額 208,000円(通勤手当含む)
社会保険等(健康保険、厚生年金、雇用保険)に加入します。
待遇・福利厚生 ・隊員の住居に関する費用(家賃)は、予算の範囲内で市が負担します。
・活動に使用する車両は市が貸与します。
・隊員の活動に必要と認められる作業道具、消耗品、旅費等は、市が負担します。
・転居にかかる費用、生活用品、光熱水費等は自己負担になります。
・隊員の活動に支障をきたさないことを条件に兼業は可能です。
休日・休暇 勤務計画による
募集期間 平成29年1月4日(水)から平成29年1月31日(火)必着
応募方法 東御市ホームページから応募用紙を入手のうえ、締切日までに、東御市役所商工観光課観光係へ郵送または持参してください。なお、提出された書類は返却しません。
参考URL http://www.city.tomi.nagano.jp/shisei_info/1065/002777.html
お問合わせ先
東御市産業経済部商工観光課観光係
電話
0268-67-1034
FAX
0268-67-3337

※この情報は登録元の自治体・企業により管理されております。
記事番号: 0000017271

他の地域の
お仕事もCHECK!

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄

ページトップへ