NPO 信州ふるさとづくり応援団
移住のお悩み解決致します・・何なりとご相談下さい。
photo


信州で想う・・身の丈が一番!・・過剰な利便は不満の元!!

photo
信州の様な、自然環境の整った利便性の余りない里山に暮らしますと今TVで流れている様な事とは懸け離れた処に居ります。
良く亡くなった両親が『立って半畳、寝て一畳』と口癖のように行っていた事が想い出されます。
いわゆる、身の丈の生活をして行く事が肝心だ!と言う事であります。
都会に住んででは、なかなか節電節約とは行かない事情も発生致しますが信州の田舎では特にこの佐久地域においては夏場の乾燥した気候と冷涼な山風のお陰を持ちまして暑さ知らずと言う事に成ります。
従って、住宅にクーラーの有る家は殆んど無くたまに室外機を見かけますと其方のお宅は県外からの住宅で有ったり致します。
この様な環境に住んでいるから、余計思うのかもしれませんが電力不足の危機感を煽り原発原発と突き進む政府や企業経営者の思いは理解に苦しむ処で有ります。
身の丈と言う事で言うならば、そんなに無理をせず精一杯の処で我慢をする事が大切と考えます。
世界を見ても、こんなに満ち足りた国は無く寧ろ満ち足り過ぎて失った心を取り戻すには多少足りないくらいが丁度良いと思えるのは歳のせいなのでしょうか?
”ふと考えます”
バブルとはお金だけでは無く、電力もあてはまる様に思えます。
都会で暮らされております、先輩諸氏も出来る事なら信州のこの様な片田舎で不便を友に暮らしてみませんか?
キット楽しい、不便だと思える生活が其処には有ると思います?

http://www.ishii-shouji.com/npotoushin/index.html