JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

吉野町

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

吉野町は、奈良県の中部に位置し、吉野川が町の中央部を東から西に流れ、北に竜門山地、南に吉野山地を望み、古くは古事記や万葉集の昔より、幾度となく歴史の大きな舞台に登場するなど、歴史文化に恵まれた自然豊かな町です。また、それらの営みの中で培われてきた木材関連産業は、全国にその名を知られ、吉野ブランドを形成し発展してきました。
 しかし近年、少子化や地域内雇用の減少、さらに利便性の高い地域への転出などにより、人口が著しく減少しています。そのような中で、吉野町では、赤ちゃんから高齢者まで、安心安全で住みやすいと感じていただけるまちづくりをすすめ、日本一の子育て支援と健康長寿のまちを目指しています。もちろん移住された方へのサポートもいたしますので、お困りなことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

DATA

  • 所在地:奈良県吉野郡吉野町上市80-1
  • 面積:95.65km²
  • 人口:8,642人
  • 人口密度:90人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

吉野町からのお知らせ
移住定住促進サイト「住んでよしの」をご活用ください
移住定住促進サイトをリニューアルしました。

興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

「住んでよしの」
【奈良県吉野町】地域おこし協力隊募集(定住部門)

奈良県のほぼ中央に位置する人口約7,000人のまち 吉野町。

自然豊かな環境ですが、大阪までは電車で最短1時間20分で行くことができます。

また、春には全国的に有名な吉野山の桜を見物に約30万人の観光客が訪れます。

しかし、少子高齢化で過疎の波はとまることがありません。

吉野町の高齢化率は約45%となっており、今後益々上昇することが予想されます。

そのような状況の中、同じく空き家の件数も上昇しています。

平成27年に空き家調査を行いましたが、町内の空き家はおよそ600軒。

その中ですぐにでも活用できそうな良好な状態の空き家がおよそ170軒でした。

a.jpg

<情緒あるまちなみが残る吉野町>撮影:吉野町地域おこし協力隊 糟谷陽一

また、田舎暮らしがしたい、吉野で住みたい、という移住希望者や今後も吉野町で暮らしていきたいという方は多くいらっしゃいます。

そういった移住希望者等と空き家物件のマッチングを行っているのが「吉野町上市移住定住促進支援センター」です。

今回の地域おこし協力隊募集で配置されるのはこちらのセンターになります。

現在、2名の協力隊員が配置されています。

b.jpg

<センターでの相談風景>

このセンターでの吉野町空き家バンクの運営は、奈良県内を中心に活動されている『NPO法人空き家コンシェルジュ』と協働で行っています。

ですので、未経験や初心者の方でも研修を行い、業務を行うことができるようになりますのでご安心ください。

直近3年で、32件が成約に至り、そのうち25世帯52名が定住などおこなっていただいております。

c.jpg

<現在2名の協力隊がセンターに勤務しています>

また、単に住まいとしての空き家利活用ではなく、コミュニティスペース、ゲストハウス、チャレンジショップとしての利活用も活発化してきています。

中でも、地域の有志メンバーで結成された『上市まちづくりの会リターンズ』を中心に運営されている『ゲストハウス三奇楼』は元料亭旅館で空き家となっていた物件をリノベーションした空き家利活用の先進モデルとなっています。

2015年10月にオープンし、延べ1,000人以上の宿泊者となっています。

こちらの管理人も元吉野町の地域おこし協力隊の方が雇用されています。

d.jpg

<ゲストハウス三奇楼の縁側>

e.jpg

<空き家を活用したデザインオフィス『ねじまき堂』>

こちらのねじまき堂も、デザインオフィスとして使用され、イベントでも活用されています。

こちらの運営も、吉野町地域おこし協力隊を卒業された女性二人組がおこなっています。

f.jpg

<空き家をリノベーションしたチャレンジショップ『上市スタンド』で協力隊の交流会を実施>

吉野町では10名を超える地域おこし協力隊が様々な分野で活動を行っています。

今回募集している定住部門以外では、「観光」「教育」「木工・木育」「地域支援」「スポーツ」部門など、吉野らしい地域活性化のために地域住民、各団体、行政、協力隊が協働で事業を行っています。

また、奈良県庁奥大和移住交流推進室とも連携し、地域おこし協力隊の研修も多く開催されています。

講演会、現地視察など行われ、宿泊での研修会もあります。(強制ではありません)

g.jpg

<協力隊の研修で隣村のカヌー体験に参加>

このように、空き家の利活用を通じた吉野の地域活性を一緒にお手伝いいただける協力隊を募集しています。

【吉野町地域おこし協力隊募集要項】

■勤務日数及び勤務時間

勤務日数は、月間16日、勤務時間は、原則として8時30分から17時15分(1日7時間45分)

■報酬

基本給(月額)166,000円

■待遇及び福利厚生

(1) 隊員の活動に係る費用は、「吉野町地域おこし協力隊活動支援補助金交付規程」により町が負担します。

(2) 光熱水費については、隊員の負担とします。

(3) 引越しに必要な経費については、隊員負担とします。

詳細はリンク先をご覧ください

http://www.town.yoshino.nara.jp/oshirase/soumu/post-75.html

河原屋定住促進住宅の募集についてのご案内

河原屋地内の子育て世代を対象とした定住促進住宅

(戸建て住宅1戸 平成28年3月建)の入居募集を平成30年2月1日(木)~2月16日(金)まで行います。

「吉野に住んでみたい!これからも吉野に住みたい!」と、お考えの方は、一度ご検討してください。

入居資格の条件等がありますので、詳しくは担当課にお問い合わせください。

吉野町役場 産業観光振興課 住宅係

電話 IP0746-39-9064

NTT 0746-32-3081

ページトップへ