JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

胎内市

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

 胎内市は、2005年9月に中条町と黒川村が合併して誕生しました。県北の工業都市としての基盤を確立しているほか、豊かな自然環境を活かしたスキー場、リゾートホテルなど公設の施設が整った観光地でもあります。中世、「奥山の荘」といわれる一つの荘園により発展し、史跡や歴史の宝庫として、学術的にも注目を集めています。
 飯豊連峰からの雪解け水が大地を潤す胎内川、眼前に広がる日本海、季節が変わるごとに、様々な表情を見せる胎内市の自然は、豊かな恵みをもたらし、人の心にやすらぎと元気を与えてくれます。ぜひ一度、胎内市にお越しいただき、ふれあいと感動を発見してください。

DATA

  • 所在地:新潟県胎内市新和町2番10号
  • 面積:264.89km²
  • 人口:30,708人
  • 人口密度:115人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

胎内市からのお知らせ
空き家バンク始めました!

 市では、移住定住、二地域居住及び起業の促進と空き家解消を目的に、売却が可能な市内の空き家を募集して購入希望者に紹介する「空き家バンク」を始め、2月1日からウェブページで情報発信を開始しました。
 現在、空き家バンクに登録する物件を募集しています。

 市は、空き家バンクの運営に向けて、新潟県宅地建物取引業協会と情報提供等に関する協定を締結し、空き家の現地調査や取引の仲介等について協力を得ることとしています。
 また、空き家の売却希望者や空き家を購入した者が安心して修繕等の相談ができるよう市内の建設業団体と協定を締結し、利用者が相談しやすい体制を整備しました。

 http://www.city.tainai.niigata.jp/shiyakusho/akiyabank/index.html

胎内市の魅力・特色に関する情報

 中世、胎内市は「波月条絵図」で有名な荘園として発展してきました。
そう、あの高校の資料集にも掲載されている絵図で有名な地域なのです。
中世3大御前(静御前、巴御前、板額御前)の一人である板額御前にまつわる
史跡や逸話も多くあり、郷土の誇りとして語り継がれています。
 また、胎内市はチューリップの生産でも有名です。
4月下旬から5月上旬にかけてチューリップを使ったフェステバルも開催し、
その植栽量は新潟県下一です。平成17年9月には旧黒川村とも合併し、
観光市としての魅力も増しました。ぜひ!この機会に胎内市にお越しください。

ページトップへ