JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

江津市

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

江津市は、島根県の中央部よりやや西寄りに位置し、中国地方一の大河、江の川が日本海に注ぐ、海・山・川の自然が美しいまちです。
万葉歌人として有名な柿本人麻呂ゆかりの地としても知られ、人麻呂とその妻「依羅娘子(よさみのおとめ)」にまつわる多くの伝説が伝えられています。
1350年余りの歴史を誇り「美肌の湯」として知られる有福温泉では、「湯の町神楽殿」で、毎週土曜の夜に、石見神楽をお楽しみいただけます。  
産業では、豊富な水を活用した製紙工業が盛んです。また、古くから良質な粘土が産出されることから、石州瓦や石見焼の主生産地でもあります。
江津最大のイベント、江の川祭の花火大会や真夏のマラソン大会、ピクニックラン桜江は多くの市民に親しまれています。
江津市と浜田市にまたがる島根県立石見海浜公園には“幸せのバブルリング”のシロイルカがいる、しまね海洋館アクアスがあり、人気の観光スポットになっています。
移住者にも温かく親切な人が多く、新鮮な野菜や魚も豊富なため安心して子育てを楽しむことができます。大河と日本海に抱かれた江津市で暮らしてみませんか。

DATA

  • 所在地:島根県江津市江津町1525
  • 面積:268.51km²
  • 人口:25,249人
  • 人口密度:94人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

江津市からのお知らせ
島根県江津市(ごうつし)「地域おこし協力隊募集中!」
日本一江津市(ごうつし)な島根県江津市
日本一江津市(ごうつし)な島根県江津市

 地域おこし協力隊は今年度1名の採用を予定しています。

 江津市は、若者やUIターン者の方々が起業や地域活性化にどんどん取り組んでいます。若者やUIターン者をはじめとする外部人材が、地元住民と更に交流と連携を進めていただきたいと考えています。

 今、市内各地で新しい地域自治の仕組みづくりを進めています。ここで立ち上がった組織で地域おこし協力隊員を受け入れ、地域資源の活用と課題の解決を進め、イケてるまちを更にイケてる感じにしたいのです!

 詳しくは江津市ホームページをご覧くださいm(__)m
  ⇒ http://www.city.gotsu.lg.jp/
江津市が総務大臣賞を受賞 ~過疎地域自立活性化優良事例表彰~


江津市は平成25年10月10日(木)に長崎県佐世保市で開催された、平成25年度全国過疎問題シンポジウムinながさきにおいて、創意工夫をもって過疎地域の活性化に取り組み、成果を上げた団体として「平成25年度 過疎地域自立活性化優良事例表彰」(主催:総務省、全国過疎地域自立促進連盟)、総務大臣賞を受賞しました。

【表彰された事業の内容】
◆キャッチフレーズ
 Go-con (ごうつビジネスプランコンテスト)で若者のチャレンジを応援!
  ~過疎地域の課題解決型ビジネスの創業を支援するまち~
◆事業の概要
 江津市は、平成22年度からソーシャルビジネス等の創業を目指す人材を誘致・発掘することを目的に「ビジネスプランコンテスト(通称:Go-con)」を開催しています。このコンテストを契機に、平成23年4月に創業を目指す人材や若者の挑戦を支援する組織「NPO法人てごねっと石見」が設立されました。
 このNPO法人てごねっと石見、江津商工会議所、江津青年会議所、桜江町商工会、日本海信用金庫、江津市役所の6機関が実行委員会を結成し、ビジネスプランコンテストの運営や創業支援を継続的に行い、創業者や地域プロデュース人材を輩出しています。
 結果として、誘致企業の撤退や建設業等の廃業が続く中、自ら創業し、地域(経済)を活性化しようという若年世代の人材を育て支援する取組みが全市的に波及しつつあります。
【問い合わせ】
  政策企画課 中川  ℡.0855-52-2501㈹ 内線1317

自治体発信! 仕事・空き家・イベント情報

ページトップへ