JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

川本町

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

川本町(かわもとまち)は、島根県のほぼ中央に位置しています。平成27年に川本町合併60周年を迎え、人口は約3,500人。広島まで1時間という立地の良さと、中国地方一の河川「江の川」と山々に囲まれた小さな拠点のような町です。

川本町は大きく分けて3つの地区に分かれており、昭和のレトロな町並みを残す弓市地区と、段々畑など日本の原風景を望むことができる三原地区、ドラッグストアーやコンビニが並ぶUIターン者に人気の因原地区と、1つの町で三者三様の生活を体験することができます。また町内には保育所が3園、小学校、中学校、高校が1ずつあり、保小中高が一帯となった教育を進めています。

産業面では健康食品として注目を集めているエゴマを地域ブランド化し、川本町での就農自体をブランド化すると共に企業誘致にも力を入れて産業振興の柱とするほか、商店街の空き家活用による若者の起業をサポートし、新たな雇用の創出に力をいれています。 川本町はかつて邑智郡の郡都と呼ばれ、商業地としての交流だった町でしたが、人口減少と共に新たな交流の町に生まれ変わろうとしています。「教育」に町全体で取り組み、川本町で学んだ子ども達が都会で活躍できる環境作りや、川本町へ訪れた若者が夢と可能性に挑戦できる町作りを目指しております。

自然豊かな四季折々の色を感じる生活の中で、人財が循環し新たな交流の場を発見し「だからこそ、川本。」と言われる、あなたに合ったちょうどいい暮らしを私たちの町で見つけませんか?

DATA

  • 所在地:邑智郡川本町大字川本545-1
  • 面積:106.40km²
  • 人口:3,484人
  • 人口密度:32人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

川本町からのお知らせ
平成29年教育移住モデル親子募集

 写真セット2

川本町の学び・教育環境に魅力を感じ、移住を希望される子育て世帯で、モデル親子として活動してくれる方を募集しています。

対象世帯

平成30年4月に移住可能な子育て世帯

モデル親子に対する支援制度

・移住支度金600,000円(川本町の商品券にて交付)
・子どもの医療助成制度、第1子(3歳未満)保育料軽減、第2子以降無料などの子育て支援
・地域おこし協力隊制度を活用した就業先、研修先、町内住宅のご紹介
・自然環境を活かした様々な体験学習、「保・小・中・高」を通じた連帯教育
・親も資格取得や技術習得等の学びの実践支援

住環境

空き家又は世帯向けの町営住宅をご紹介します

親の仕事・学び

・161,600円/月(*地域おこし協力隊制度を利用した場合)

・働きながら、資格取得や技術習得等するための支援制度を用意
 例1)資格取得
    病院で働きながら2年間で准看護師資格取得を目指す。
 例2)技術習得
    農家さんのもとで研修を受けながら新規就農を目指す。

モデル親子のミッション

・川本町での暮らし、教育環境等について情報発信
 (定住フェア等にも同行していただきます)

申込締め切り・移住までのスケジュール等


説 明 会

6月11日(日) 大阪
6月18日(日) 東京
7月 8日(土) 大阪
7月23日(日) 東京

*詳細はこちら

川本町体験ツアー7月末、10月中旬に実施予定
応募締め切り11月30日(木)必着
一次書類審査12月8日(金)までに合格者へ連絡
二次面接審査12月20日前後*川本までの交通費は自己負担
合格発表平成30年1月初旬
移  住

平成30年4月初旬まで

 

 

問い合わせ

川本町役場まちづくり推進課(担当:やまさき・なかしま)

0855-72-0634


川本町の移住・交流HPはこちら

【島根県川本町】移住・定住HPができました
川本町のPR動画


かわもと暮らし体験ツアー2015



島根県の真ん中らへん「川本町」の移住・交流の情報HPが立ち上がりました。

教育移住をお考えの方、地域おこし協力隊で活動してみたい方、Uターンをお考えの方、エゴマの里で就農したい方々こちらへどうぞ。

中山間地域川本町で実際に暮らす人々の声が見えますよ


ページトップへ