JOIN ニッポン移住・交流ナビ

空き家情報 詳細

菊川市若者世帯定住促進補助金をご活用ください

記事掲載日: 2016年06月15日

菊川市では、若者世帯の定住を促進し、活力に満ちた元気なまちづくりを推進するため、市内に定住するため住宅を取得した方に対し、菊川市若者世帯定住促進補助金交付要綱に基づき、補助金を交付します。

1 補助対象者
補助対象は、市外の住宅または市内の賃貸住宅に1年以上継続して居住する、次のいずれかに該当する方です。
(1)夫または妻のいずれかが満40歳未満である夫婦のいる世帯に属する夫または妻。
(2)配偶者のいない満40歳未満の親と子がいる世帯に属する親。

2 交付条件
補助金を受けるには、次の条件をすべて満たしていること。
(1)菊川市に定住するために市内に住宅(※1)を取得(※2)したものであること。
※1 住宅とは、玄関、居室、台所、便所及び浴室を備えている戸建て住宅(居住部分の床面積が2分の1以上の併用住宅を含む)又はマンションをいう。
※2 取得とは、住宅の新築、新築住宅又は中古住宅を購入することをいう。
(2)取得した住宅の保存登記または所有権移転登記がされていること。
(3)取得した住宅に居住(住民基本台帳に登録されているものに限る。)していること。
(4)住宅の取得が、平成28年4月1日以降の契約に基づくもの。
(5)住宅の取得日から6か月以内であること。
(6)取得した住宅に居住している者が、市税を滞納していないこと。
(7)取得した住宅が、関係法令に違反していないこと。
(8)取得した住宅が、新耐震設計基準に適合していること。(中古住宅購入の場合のみ)

3 補助金の額
住宅の取得費用の10分の1以内で、上限40万円。ただし、以下に示す三世代同居及び三世代隣接住宅を取得した場合は、取得費用の10分の2以内で上限80万円。
(1) 三世代同居住宅とは、補助対象者とその親及び小学生以下の子からなる三世代が同居するための住宅。
(2) 三世代隣接住宅とは、補助対象者と小学生以下の子からなる世帯が、親が所有し、かつ、居住する住宅に隣接し居住する住宅。

4 補助金の返還
要綱に違反した場合、補助金の一部または全部の返還を求めることがあります。

5 申請受付期間 平成28年4月1日~平成29年3月31日
※予算がなくなり次第、受付を終了します。翌年度の募集については、予算が確定次第別途お知らせします。

詳しくは、菊川市ホームページをご覧ください。

名称 菊川市若者世帯定住促進補助金
参考URL http://www.city.kikugawa.shizuoka.jp/toshikeikaku/jyuutakuhojyo.html
お問合わせ先
菊川市役所建設経済部都市計画課住宅建築係
電話
0537-35-0957
FAX
0537-35-2115

※この情報は登録元の自治体・企業により管理されております。
記事番号: 0000015038

他の地域の
空き家もCHECK!

北海道

東北

関東

中部

近畿

中国

四国

九州

沖縄

ページトップへ