JOIN ニッポン移住・交流ナビ

地域の魅力

栃木市

  • 基本情報
  • 発信情報一覧
  • 地域フォト

ご挨拶

 本市は栃木県の南部、東京から鉄道でも高速道路でも約1時間の距離にあり、さらに、首都圏と東北地方を結ぶ南北交通軸と、太平洋と日本海の玄関口を結ぶ東西交通軸の結節点に位置するという地理的優位性を有しており、多様な交流が容易となる恵まれた立地条件にあります。
 また、ラムサール条約湿地に登録された「渡良瀬遊水地」に代表される豊かな自然環境や、重要伝統的建造物群保存地区に指定された「嘉右衛門町地区」をはじめとする趣のある街並み、古くから継承されてきた伝統・文化、そしてまちづくりを担う人材など、豊富な地域資源に恵まれています。
 このような恵まれた環境のもと、『来て・観て・住んで ほっと あったか “とちぎ”』をキャッチフレーズに、栃木市に住んでいる人はもちろん、栃木市に来て学ぶ人や働く人、観光で訪れる人たちみんなが、心和み、安らぎを感じながら、活き活きと暮らし、さまざまに活動することができる、自然に満ちた快適で居心地の良い都市を目指して、市民の皆様との協働のもとまちづくりを進めています。

栃木市のFacebookはこちら!
https://www.facebook.com/TochigiCity

DATA

  • 所在地:栃木県栃木市万町9番25号
  • 面積:331.57km²
  • 人口:164,309人
  • 人口密度:495人/km²
  • 平均気温のグラフ
  • graph

PRポイントはココ!

お知らせ

栃木市からのお知らせ
IJU(移住)補助金が新たにスタート!
〇栃木市の「まちなか定住促進住宅新築等補助制度」とは…

 栃木市の市街化区域等に新たに住宅を新築・購入した方に補助金を交付し、まちなかの活性化を図る制度です。

《IJU(移住)補助金》 (市外からの転入者対象:NEW)

■対象者
①本市に5年以上定住することを誓約した方
②市税を滞納していない方
③暴力団員でない方
④Uターン・Iターン・Jターンにより本市へ移住した方
⑤自治会へ加入した方
⑥移住者として市のアンケート、広報等に協力していただける方

■対象住宅
①市街化区域(西方地域は用途地域)に所在する住宅
②自己または親族が所有する住宅を同一敷地内で建替えする住宅ではないこと
③平成28年4月から平成30年3月末までの契約で取得した住宅

■補助金額
新築住宅の建築・購入 30万円
中古住宅の購入 20万円
------------------------------------------
若年世帯加算
 ①申請時に所有者または配偶者が40歳未満の場合 10万円
 ②申請時に所有者または配偶者が40歳以上50歳未満の場合 5万円
子ども加算
 申請時に所有者に18歳未満の子どもがいる場合 子ども1人につき10万円
勤労者加算
 ①申請時に所有者本人が市内で勤労している場合 10万円
 ②申請時に所有者本人が市外で勤労している場合 5万円
------------------------------------------

■提出書類
①補助金交付申請書(IJU用)
②補助金申請に関する誓約書及び同意書(IJU用)
③世帯員全員が記載されている住民票(続柄記載のもの・原本)
 ※本庁または各総合支所の市民生活課で取得してください。
④住宅の建築工事請負契約書または売買契約書のコピー
 ※契約日が平成28年4月以降であることが必要
⑤用途地域及び住宅であることが確認できる書類(次のいずれかのコピー)
 ・建築確認申請書(第一面と第三面)
 ・重要事項説明書(用途地域の欄がある部分まで)
⑥建物の登記事項証明書のコピー
 ※所有権保存登記完了後、法務局で取得してください。
⑦市税完納証明書(原本)
 ※本庁市民税課または各総合支所市民生活課で取得してください。
⑧自治会に加入したことが確認できる書類
⑨就労証明書
⑩補助金交付申請書(日付記入不要)

<活用例>
 IJU(移住)補助金の対象となる方が新築住宅を取得した場合の補助金は?

 所有者または配偶者が30代、子ども2人、所有者が市内で働いている場合は、基本額30万円、若年世帯加算10万円、子ども加算20万円、勤労者所得10万円で、補助金額は70万円となります。

※個々の該当の有無については事前にお問い合わせください。
※新住所へ異動した後の申請となります。

■お問い合わせ
 栃木市 都市整備部 住宅課 定住促進係 ℡0282-21-2451
多世代家族住宅新築等補助金がスタート!
〇栃木市の「多世代家族住宅新築等補助金」とは…

 栃木市の市街化調整区域等に多世代が同居・近居するための住宅を新築・購入・増改築した方に補助金を交付し、世代間で支え合いながら生活する多世代家族の形成促進、地域コミュニティの維持、独居高齢者の減少、家族サポートによる子育てや女性の就職活動の支援を図る制度です。

《多世代家族住宅新築等補助金》 (市外・市内の方対象:NEW)

■対象者
①本市に5年以上定住することを誓約した方
②市税を滞納していない方
③暴力団員でない方

■対象住宅
①市街化調整区域(西方地域は用途地域以外の地域)に所在する住宅で、3世代以上が同居または近居するもの
②平成28年4月から平成30年3月末までの契約で取得した住宅

■補助金額
 20万円

■提出書類
①補助金交付申請書
②補助金申請に関する誓約書及び同意書
③多世代の世帯員全員が記載されている住民票(続柄記載のもの・原本)
 ※本庁または各総合支所の市民生活課で取得してください。
④住宅の建築工事請負契約書または売買契約書のコピー
 ※契約日が平成28年4月以降であることが必要
⑤用途地域の指定がされていないこと及び住宅であることが確認できる書類
 ・建築確認申請書(第一面と第三面)のコピー
 ・重要事項説明書(用途地域の欄がある部分まで)のコピー
⑥建物の登記事項証明書のコピー
 ※所有権保存登記完了後、法務局で取得してください。
⑦市税完納証明書(原本)
 ※本庁市民税課または各総合支所市民生活課で取得してください。
⑧近居の場合は既存住宅と新築または購入した住宅の距離がわかる書類
 ※住宅敷地間の距離を記載してください。
⑨補助金交付申請書(日付記入不要)

■申請期限
 平成31年3月31日まで

※近居:親世代と子及び孫世代がおおむね2km以内に居住すること。
※個々の該当の有無については事前にお問い合わせください。

■お問い合わせ
 栃木市 都市整備部 住宅課 定住促進係 ℡0282-21-2451

ページトップへ